2010年3月24日水曜日

iPhone Developer Program登録完了までの紆余曲折

iPhoneアプリでも開発してみるかと思い立って申し込みをしようと思ったら色々つまづいたのでメモしておきます。


スタート:

1. iTunes上でApple IDを登録

iPhoneを購入した日に。
名前とか住所とかを何も考えずに日本語で登録。


2. Apple Developerに登録

数日後おもむろにiPhoneアプリを作ってみたくなったので、Developer登録してみようと思った。

iPhone Developer Programに申込むためにはApple Developerに登録する必要があるようなので、登録してみた (要Apple ID)。

何も考えずにポンポン進んで完了...

あれ、名前のところが文字化けしてる!!
(メンバーページのおそらく名前が表示されるであろう部分が「??」になっている)
しかも名前は編集できない!!


たぶんApple IDで登録してある日本語をそのまま登録したから。
あとで「半角英数字以外は正しく登録されません」という注意を発見したけど後の祭りです。


遊びで開発するぶんにはこのままでもいいけど、
有料だし、後々App Storeに登録することにでもなった時にトラブルになりそうだなと思い登録し直しを決断。


3. ブラウザからApple IDを登録し直し

とりあえず氏名・住所を全部アルファベット表記で登録。


4. Apple Developerに登録し直し

新しいApple IDで再度Apple Developerに登録。
OK 文字化けはしていない。


5. iPhone Developer Programに登録

さっそくiPhone Developer Programにも登録してみることに。
continueを押して行くと日本のApple Online Storeへ誘導されます。

住所欄はApple IDで入力したものが入力済になっていたので(自分の場合はアルファベット表記)
そのまま送信。
(ただ、この辺うろ覚えなのですが、「都道府県」の項目だけ選択式になっていて日本語表記になっていたような気がします。)

数時間後Appleから
Apple Developer Program Activation Code
というメールが届きます。

iPhone Developer Programのactivation codeが記載されているので(リンク付き)クリックして有効化...
しようとするのですができません

こんなメッセージが表示されます。

We are unable to activate your Apple Developer Program membership because we are unable to successfully verify your identity. Please contact us and reference Enrollment ID ****for further assistance.
(原因不明ですが都道府県が日本語になっていたのがクサイ。)

しかたないのでcontact formに上のメッセージを付けて拙い英語で「どうすりゃいい?」とメールしてみました。


寝て起きたらAppleから返信が着ていました。(日本語で)

Apple Storeの購入履歴で ご請求、ご連絡先注文番号 を確認してそれを教えてくれたら手動で認証手続きをしてやる、ということなので、早速返信。

2,3時間後には手続きが完了!(早いね)

以前受け取ったactivation code付きのメールを開いて再度有効化を試みたら、できました

0 件のコメント: