2010年5月12日水曜日

"Available on the App Store"アイコンの入手法メモ

iPhoneアプリを開発してappleの審査も通ったら宣伝したくなりますよね。
自分が開発者じゃなくても面白いアプリをみつけたらブログの中で紹介したくなることもあります。

で、アプリのサポートページとかアプリ紹介ブログなどで見かけるあのアイコン(バッヂ) (右のやつ) を使いたいと思い、いろいろ探して公式のものをやっと見つけました。


App Store Resource Center | Marketing Resources

http://developer.apple.com/iphone/appstore/marketing.html


上のページの
Available on the App Store logo artwork~ をクリックするとダウンロードできます。



Available on the App Storeの文言は、今のところ 英語 ドイツ語 フランス語 オランダ語 イタリア語 ロシア語 スペイン語が用意されているようです。


ダウンロードしたファイルを解凍するとpsdファイルが入っているのでそれを加工して使います。

(psdファイルいらないよという方 Google画像検索すれば簡単にpngやjpgファイルが見つかりますよ。)



加工するといっても好き放題できるわけではなく、高さは40px以上じゃなきゃダメとか色々規定があります。


ガイドライン:

App Marketing and Identity Guidelines for Developers

http://devimages.apple.com/iphone/artwork/guidelines0609.pdf

0 件のコメント: