2011年4月27日水曜日

[iOSアプリ] Plastic Bullet 簡単に印象的な写真を撮影できるアプリ

ちょっときまぐれに自分で使ってみたiPhoneアプリのメモを書いてみます。
詳細なレビューというよりは、自分で使ってみた感想を短くまとめる感じです。
詳しいレビューなどは他のブログやApp Storeの説明などをどうぞ。

一発目はこちらのアプリ。



Plastic Bullet

写真に個性的なエフェクトをかけることができるアプリです。

なぜ一発目にこのアプリか、というと特に深い意味はありません。
最近セールで安かったので落としてみました。


アプリのフローとしては大体下のパターンになります。

1. 写真を撮影 / もしくはアルバムから選択
2. 自動的にエフェクトがかかる (4種類 x ∞)
3. 気に入ったら保存 (FacebookとFlikcrにも送信できる)

インターフェースが非常にシンプルで、ユーザーを迷子にさせない作りになっています。



写真撮影後の画面です。
1度にエフェクトのかかった写真が4枚生成されます。
右上のリロードボタンを押すと新たにエフェクトのかかった4枚の写真が生成されます。



気に入った写真をタップすると写真が拡大します。
上のハートマークをタップすると写真を保存できます。

と、まあ全体的にボタンの数が少なく、自動でランダムにエフェクトをかけてくれるので、使い方が分からなくて困惑するということはないでしょう。

エフェクトもとても個性的で、しっかりしたスタイルを持っている感じです。

その反面、個性やスタイルが強すぎる、というか画一的すぎて、頻繁に使ってるとすぐ飽きてくるように思えます。

他の写真系アプリと組み合わせるのが難しそうですがPic Grungerなどの汚し系アプリと組み合わせると面白いかもしれません。



0 件のコメント: