2011年4月1日金曜日

Sound Stage - iOSアプリの高品質デモ動画を撮れるMacアプリ

Xcodeに付属しているOrganizerにはスクリーンキャプチャ機能があってそれを使えば簡単にキャプチャを撮影できます。
iPhoneでもスクリーンキャプチャは撮影できますが、転送などの手間を考えるとやっぱりMac上で撮影できたほうが効率がいいです。

ただ、Organizerはあくまでも静止画のキャプチャを撮影できるだけで動画には対応していません。
アプリの紹介をする時にやっぱりデモ動画があったほうがいいよなあと思っていたところ、Mac App Storeでいい感じのMacアプリを見つけました。

Sound Stage
http://soundstageapp.com/

有料で、かつiOS SDKのインストールが必須ですが、非常に有用なアプリだと思います。

使い方は至って簡単で、基本的にはコントローラーの録画ボタンを押せば自動でiOSシミュレータを起動してレコーディングを開始してくれるはず、、、なのですが、自分の場合は「手動でセットしてくれ」というようなエラーが出ました。

メニューの [Sound Stage] > [Preferrences] を開きます。

Manually Calibrateをクリックすると半透明の黄色いウィンドウが現れるので、起動していたシミュレーターにドラッグして重ねます。いい感じの場所に置いたら、真ん中の「Set!」をクリックすると準備完了です。



動画のキャプチャというと処理が重くて、動画もカクカクするのかと思ってたらそんなことはありませんでした。

とりあえずYouTubeにデモ動画を上げてみたので貼っておきます。

0 件のコメント: