2012年9月24日月曜日

iOSシミュレータで画像をアルバムに保存する方法と画像のパス

画像をアルバムから読み込むアプリを作る時に、シミュレータにあらかじめなんらかの画像を用意しておくためのメモです。


画像を保存する一番手っ取り早い方法は、Safariに画像を表示させて保存する方法です。

1. 画像をシミュレータにドラッグ&ドロップする。
2. Safariが自動で起動する
3. 画像長押しで画像保存。

保存した直後に「写真」アプリを起動しても画像を認識してくれない場合があります。一度シミュレータを再起動するといかもしれません。

ちなみに、ターゲットとなるOSごとに画像が管理されてるのでXcodeのバージョンが上がるごとに新たに画像を入れ直す必要あり。


アルバムの画像は ~/Library/Application Support/iPhone Simulator/6.0/Media/DCIM/100APPLE です。

Libraryディレクトリが隠しファイルになっているのでFinderから探す場合は

1. Finderの[移動]-[フォルダへ移動] を開く
2.  "~/Library"と入力
3. Application Support/iPhone Simulator/6.0/Media/DCIM/100APPLE に移動

ちなみに、このディレクトリに画像を直接放り込んでも「写真」アプリでは読み取ってくれません。

0 件のコメント: