2012年4月28日土曜日

Phonto - 簡単に写真に文字を入れられる無料Androidアプリをリリースしました


Androidアプリ初リリースです。

これまでずっとiOSアプリを作ってきたので、とりあえず最初はiOSアプリのどれかをAndroidアプリに移植しようと思い、これを選びました。(iOS版はこちら)

写真に文字を入れるだけ」というとてもシンプルなアプリなので、基本的にはiOS版とほとんど違いはありません。
ただ、iOSにはデフォルトで個性的で魅力的なフォントがたくさん入っているのですが、Androidではそれが使えないのでフォントの種類に差があります。

Androidアプリを作り始めてから10日くらいでガーッと作ってえいやっとリリースしたので、思いっきりバグが含まれている可能性がありますが…、それはおいおい修正していきます!




PhontoをGoogle Playでダウンロード

Android端末のSDカード内のファイルをMacに転送する方法

WindowsだとAndroid端末をPCにUSB接続するだけでSDカードの中をのぞけるみたいですね。
MacだとAndroid File Transferという公式のMacアプリがあってそれを使えばSDカード内のファイルを転送できるようになるみたいですがAndroid 3.0以上必須ということで手持ちの端末では使えませんでした。

以下、アプリ開発者しか使えない小技ですが、意外と気付かない人がいるかもしれないのでメモっときます。

まあ、EclipseのDDMSを使えば簡単だよという話です。
(DDMSはEclipseを開いて右上のアイコンから開けます。)


DDMSのFile Explorerを開いた画面。
SDカードは基本的に/mnt/sdcardにあるようですが、端末によってまれにパスが違うっぽいです。

転送したいファイルを選択した状態で、File Exploreの右上にあるアイコンを押すと、ファイルをMacに転送できます。


2012年4月21日土曜日

画像に文字を入れられる無料iOSアプリ- Phonto 2.0.0 をリリースしました


おひさしぶりのアップデートです。 (半年ぶり!)
初のメジャーバージョンアップとなります。


日本のユーザーの皆様には、やはり日本語対応フォントの追加が目玉でしょうか
その他 英数字専用フォントを7種類
  • AbrilFatface-Regular
  • BANANABRICK
  • Graziano
  • NemoyMedium
  • PressStart2P
  • Strato-linked
  • Strato-unlinked



さらに、じゃーん!
iPad対応
できること、入っているフォントの種類は基本的にiPhone版と一緒ですが、大きい画面なので操作がしやすくなっています
ユニバーサルアプリなのですでにiPhone版のPhontoをダウンロードされている方はiPadでそのままご利用いただけます。



そして、
文字のレイアウト & 文字の移動ツールの追加


Phontoは現在のところ文字の改行には対応していませんが、レイアウト機能によって複数の文字を簡単に並べることができるようになりました。
画像の上を指でなぞると半透明の矩形が現れるのでそれで文字を選択してください。
文字を選択すると画面下に「レイアウト」ボタンが現れるので、そこから選択した文字の右揃え、中央揃え、左揃えが行えます。


また、指で文字の位置を移動しようとする際、思ったところに移動できないという時のために「移動」ツールも追加しました。



いかがでしょうか?
無料ですので、ぜひお気軽に App Storeからダウンロード してみてください。




最後に、このブログのTwitter(@mudaimemo)をフォローしてくださっている奇特な方はお気づきかもしれませんが、只今Android版を鋭意開発中です。
公開がいつになるかは全くの未定ですが、その折はまたご報告をば。


PhontoのAndroidアプリがGoogle Playからダウンロードできるようになりました!


2012年4月10日火曜日

Snapster - ビューティフルな正方形写真を簡単に撮影/編集できる無料のiPhoneアプリをリリースしました


下の写真をみてなかなかよさげじゃんと思ったiPhoneユーザーの方、どうぞApp Storeへお進み下さい。 (無料です!)
Snapsterはこんな感じの写真をさくっと撮影できるカメラアプリです。

 





デフォルトでは40種類のフィルターが同梱されているので、ボタン一発で上のような写真を撮影/編集できるのですが、Snapsterの機能はそれだけではありません。
シンプルでパワフルな編集ツールが付いているので、自分好みのフィルターを簡単に作成できます。


左から
カーヴツール: 写真のコントラストやトーンを自由に変えられます。
フレーム: 自由にフレームを変更できます
明るさ: 写真の細部をつぶさずに明るさを変更できます。
モノクロ/カラー変換: ボタン一発でモノクロ写真に


これらにくわえて、テクスチャーツールが付属しています。


同梱されているライトやグランジのテクスチャーを適用すると、ありきたりの写真が普通とはちょっと違う感じになります。
単純な色のテクスチャーに関しては、自由に色を設定することができるので無限のバリエーションの色味が楽しめます。



また、自分で設定を調節したフィルターを保存できるので、お気に入りの独自フィルターを色々な写真に簡単に適用できるようになっています。



いかがでしょうか?
正方形写真専用ということもありInstagramとの相性も抜群です。
気になった方は、無料ですのでぜひApp Storeからダウンロードしてみてください。

2012年4月6日金曜日

AirMac Expressを買ったらMacBook Proで快適にWi-Fi接続できるようになった話

昔iPhone 3GSを買ったときソフトバンクからもらったFonのルーターをiPhone, iPad, MacBook Proで使ってきたんだけど、どうもMacBook Pro (Late 2011)と相性が悪いらしく(?)、やたらノイズが多くてしばらく起動してると突然繋がらなくなることがしばしばでした。

ネットを見るとどうもMacbook Proで同種のトラブルが多いみたいですが、それがMacのせいなのかルーターのせいなのかソフトウェアのせいなのかよく分かりませんでした。

仕方ないのでMacbookではWi-Fi接続をあきらめてEthernetでネットに接続してたわけですが、ある日ふと「Apple純正なら問題ないんじゃね?」という考えに至り、衝動的にAirMac Expressを購入してみました。


で、買ってみた結果は大正解
これまでがウソみたいに快適にネットに接続できるようになりましたとさ。
ちゃんちゃん。


まあ、ウチにはプリンタもオーディオ機器もないのでこいつの恩恵を充分に受けられませんが、とりあえずよしとしましょう。



2年以上お世話になったFon君おつかれさまでした