2013年6月11日火曜日

Fontasy: Google Fontsのフォントを閲覧できるアプリをリリースしました


  Android app on Google Play

軽めのアプリをさくっとリリースしました。
Google Fontsのフォントを閲覧・ダウンロードできるアプリです。
iOS版とAndroid版を用意しています。

拙作 PhontoTextMaskは外部アプリからフォントファイルを受け取ってフォントをインストールすることができるので、そういう目的で作りました。
なので、Phontoを使ってくださっているユーザーさんにオススメです。

Google Fontsには600以上の色々な種類のフォントファミリーが登録されているので、つらつら眺めるだけでも楽しいですよ。





オマケ的な機能として、好きなフォントを選んで文字を入力して、画像として保存したりメール等で送信できるようになっています。
ただ、日本語フォントが全然ないので、日本のユーザーさんにはつまらないかもしれません…


2013年5月3日金曜日

画像に文字を入れられる無料iOSアプリ- Phonto 3.7.0 をリリースしました


今アップデートで以下の機能を追加しています。
  • 定型文の登録
  • 日付の入力が簡単に

定型文の登録

定型文として登録された文字はいつでも一発で呼び出せるようになっています。
自分の名前やTwitter等のアカウント名や顔文字など、よく使う文字を登録してお使い下さい。
定型文はアプリ内の左下のアイコンから「設定」にすすみ「定型文」から編集が行えます。


日付の入力が簡単に

ボタン一発で現在の日付を挿入できるようになりました。
日付のフォーマットはアプリ内の左下のアイコンから「設定」にすすみ「日付」から編集が行えます。
デフォルトでは'日付'をメニューから隠すようになっているので、画像をタッチした時に日付メニューを出す場合はこのスウィッチをオフにしてください。

今のところ、(アプリを使用している)「現在の日付」が入力されるようになっています。
おそらく、写真のメタデータに含まれている「撮影日」を入れたいという場合もけっこう多いと思うので将来的に対応するかもしれません。
日付のフォーマットももっと柔軟に指定できるといいかもしれませんね。


「定型文」「日付」は文字入力フィールドの下の「定型文」からも選択できるようになっています。
これに伴い、以前のバージョンでこの場所にあった「フォント」ボタンは排除されました。(iPhone / iPod touch)
フォントの選択は文字を選択したときの「文字」と「スタイル」の間にある「フォント」から行って下さい。


この他に以下の変更があります

  • プレーンな画像や画像テーマ用に新しいテンプレートを追加
  • スクリーン上から画像を削除する「リセット」ボタンの追加
  • FacebookやTwitterに投稿する際の入力済み文字が編集可能に

2013年4月7日日曜日

ClipCrop 画像を色々な形に切り抜ける無料iOSアプリをリリースしました


ひさしぶりに新作iOSアプリをリリースしました。
と言っても非常にシンプルなアプリで新奇性も全然ないものですが…

機能は大きく分けてふたつ
  1. (Instagram向けに)縦長、横長の画像を正方形にトリミングor配置する
  2. 画像を円形や星形に切り抜く


このような感じで縦長横長の画像を正方形の画面におさめることができます。
背景色も自由に変更可能です。


画像の移動・拡大縮小は指を使って行うこともできますが、 画面右下のアイコンを押すとこんな感じで、中央寄せ・上部寄せなど、決まったフォーマットに一発で整えることも可能です。



画像を円形や星形など色々な形に切り抜けます (一部有料)。
おすすめはAからZ、0から10までのアルファベットと数字の切り抜きですかね。
アプリのロゴにも使わせてもらってるErica Oneというフォントを元にしています。
アルファベットと数字に関してはすべて無料です!

文字の切り抜きに関しては TextMask という別アプリがそれに特化してるので、興味が有る方はぜひ! 無料のLite版もあります。



画像がいい感じに調節できたら 保存したりInstagramに画像を送ったりできます。
Open in...から他のアプリに直接画像を送ることもできます。


と、まあ、こんな感じで、とにかく毎日何度も使ってもらうことを念頭に置いて作ったので
シンプルで面倒くさくない 作りになっているかと思います。
広告もうるさい通知もありません。
特にInstagramのユーザーさんにはオススメです。
無料ですので是非お試しを!




このアプリがリリースされたのは火曜日(だったかな?)なのですが、その週の金曜日には早くも日本のApp Storeでフィーチャーしてもらえました。



さらにはApp StoreのTwitterアカウントでも紹介されたり。



その他にもレビューを書いてくださった方まで!ありがとうございます!!



2013年3月24日日曜日

便利なアイコンフォントをiOSアプリで使う方法メモ

アイコンっていうのはデザイン上とても大事なんですけど、自分で用意するのはけっこう面倒です。
なので世の中の優れたデザイナーさんが作ってくれたアイコンを使わせてもうらうことが多いのですが、アイコンフォントを使うとそれなりにメリットがあるなあと思ったのでメモしておきます。


個人的に気に入ってるピクトグラムのセットを配布しているサイトです。
(ライセンスはCC BY 3.0 フォントはSIL Open Font License)

こちらからパッケージをダウンロードします。


フォントファイルだけではなくpsdやpdf、Webフォントに使えるsvgファイルまで入ってます。

今回はDesktop Typefaceに入っている Entypo.otfを取り出して、目的のiOSアプリのプロジェクトに投入します。



Entypo.otfをプロジェクトに追加したら、プロパティのFonts provided by applicationにEntypo.otfを追加します。
(Fonts provided by applicationがプロパティのリストにない場合は追加)


これでアイコンフォントを使う準備が整いました。

あとはUIButtonなどのフォント設定に"Entypo"を指定すれば使えます... と言いたいところなのですが、Entypoの場合は文字をUnicodeで指定する必要があるのでちょっとひと手間必要です。


さきほどダウンロードしたパッケージにGlyph guideline.rtf というドキュメントがあるので開くとアイコンとUnicodeの対応を調べることができます。

例えば電話マークを使いたい時
char name[] = "\u1F4DE";
NSData *telData = [NSData dataWithBytes:name length:strlen(name)];
NSString *telString = [[NSString alloc] initWithData:data encoding:NSUTF8StringEncoding];

UIButton *button = [UIButton buttonWithType:UIButtonTypeCustom];
button.titleLabel.font = [UIFont fontWithName:@"Entypo" fontSize:14.f];
[button setTitle:telString  forState:UIControlStateNormal];
あくまでもフォントなので、色や大きさを好きなように変え放題です。
iPhoneとiPadで異なるサイズのアイコンが必要な時や、状態によって違う色のアイコンを複数用意する場合などに重宝しそうです。

2013年3月15日金曜日

#iOS 外部キーボード使用時にUIKeyboardなんちゃらの通知が 飛んでこないという話

先日拙作アプリの文字入力周りを変更したら思わぬ不具合報告があったのでメモしておきます。


UITextFieldやUITextViewが入力状態になった時(First Responderになった時)、通常はiOSのソフトウェアキーボードが画面に表示されるタイミングでUIKeyboardWillShowUIKeyboardDidShowといった通知が飛んできます。

ところが、外部キーボードを使用しているときはこれらの通知が飛んできません

なので例えばUIKeyboardWillShowの通知で入力状態の初期化などを行っている場合はまずいことになります。
日本語のソフトキーボードだとキーボードの高さが変わったりするので、特に日本の開発者さんなんかはこのあたりでけっこう色々やってることが多いのではないでしょうか。

ややこしいのはUITextFieldやUITextViewのinputAccessoryViewにViewを指定してるとちゃんと通知が飛んでくるらしいのですよね。

外部キーボードが使用されることを想定して、例えばUITextViewだったらtextViewDidBeginEditing:などで処理を行うのがよさそうです。



外部キーボード持ってないよという方はアプリを使えばMacとiOSデバイスをBluetoothでつないでMacを外部キーボード化できます。

iKeyboard
http://appstore.com/mac/ikeyboard

Type2Phone
http://itunes.com/mac/type2phone


参考:
How can I detect if an external keyboard is present on an iPad?
http://stackoverflow.com/questions/2893267/how-can-i-detect-if-an-external-keyboard-is-present-on-an-ipad

2013年2月6日水曜日

Dropboxを使ってPhontoにフォントをインストールする方法


いつもPhontoのご利用ありがとうございます。

この記事ではDropboxを使って PC/Mac にあるフォントをスマートフォン上のPhontoにインストール方法を説明しています。


必要なもの

<Dropboxアプリ>
iPhoneをお使いの方: App Store
Androidスマートフォンをお使いの方: Google Play  (Google Playアプリで開く)

<フォントファイル>
手元にフォントファイルがない方Googleで "フォント 無料"などと検索するとインターネット上でフォントファイルを探すことができます。
PhontoはTrueType Font (***.ttf)もしくはOpenType Font (***.otf) に対応しています。ダウンロードしたファイルがzipファイルの場合は解凍してフォントファイルを取り出して下さい。



Dropboxにフォントファイルをアップロード (PCから)

はじめに、PC側の操作です。
お手持ちのフォントファイル(***.ttfもしくは***.otf)をDropboxにアップロードします。
WebブラウザでDropbox dropbox.comにログインしてください。


右上のアイコンからファイルをアップロードすることができます。


アップロードが完了するとアップロードしたファイルが画面に表示されます。
以上でPC側の操作は終わりです。



フォントをPhontoにインストールする (スマートフォン上)

続いてスマートフォン上のDropboxアプリからPhontoにフォントをインストールします。

Androidスマートフォンの場合


さきほどPCからアップロードしたフォントファイルを選択してください。


Phontoを選択すると自動でPhontoが起動しフォントをインストールできるようになっています。



iPhone / iPod touchの場合


さきほどPCからアップロードしたフォントファイルを選択してください。


右下のアイコンをタップしてください。


Phontoを選択すると自動でPhontoが起動しフォントをインストールできるようになっています。

2013年1月15日火曜日

フォントをダウンロードしてPhontoにインストールする方法 (Android版)


注意! 現在インストール可能なPhontoのバージョンではもっと簡単にフォントをインストールできるようになっています。 くわしくはこちらをご覧下さい


いつもPhontoのご利用ありがとうございます。

この記事ではインターネット上からフォントファイルをダウンロードしてAndroid版Phontoフォントをインストールする手順を説明しています。

※ パソコンをお持ちの方は こちらの記事で Dropboxを利用した簡単な方法を紹介しているのでぜひお読みください。


インストールに必要なもの:

<Zipファイルの解凍アプリ>
フォントファイルはZipファイルとして圧縮されている場合があります。
フォントをインストールするためにはZipファイルを解凍する必要があります。
この記事ではGoogle Playで人気の AndroZip File Manager (Google Playアプリで開く) を使って説明します。


インストールの手順は以下の様になります。
  1. フォントを配布しているサイトからフォントファイルをダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルがZipで圧縮されている場合は解凍する
  3. Phontoにフォントファイルを送ってインストール



それでは詳しく説明していきます。


1. フォントを配布しているサイトからフォントファイルをダウンロード

あなたの手元にはあなたが自由に使えるフォントがありますか?
フォントが手元にない方は、Googleで「フォント 無料」と検索してみてください。
フォントを配布しているサイトがたくさんみつかるはずです。

また、オススメのフォントをまとめているブログなどもたくさんあります。
漢字も使える!「日本語フリーフォント」42個選びました【無料】


今回は上のブログ記事でも紹介されている"はんなり明朝"をダウンロードしてインストールしてみます。

まずは、ブラウザではんなり明朝を配布しているサイトにアクセスします。
http://typingart.net/index.html


Download」をタップするとダウンロードがはじまります。
ダウンロードしたファイルは通知領域から確認できます。




2. ダウンロードしたファイルがZipで圧縮されている場合は解凍する

すでにAndroZip File Manager はインストールされていますか?
通知領域の hannari.zip をタップするとAndroZipを選択できるようになっているはずです。


AndroZipを選択するとZipファイルの解凍がはじまります。
以下AndroZip内での作業になります。


Zipファイルが解凍されてHannari.otfというファイルが表示されました。
これがPhontoにインストールできるフォントファイルです。
(Phontoは***.ttfもしくは***.otfというフォントファイルに対応しています)


3. Phontoにフォントファイルを送ってインストール

引き続きAndroZip内での作業になります。
多くのファイル管理アプリではファイルを選択するといくつかのアクションを行うことができます。
Hannari.otfをタップすると、AndroZipの場合は以下のようなアクションを選択できるようになっています。


Phontoは***.ttfや***.otfというフォントファイルを開けるようになっているので「開いてください」を選択してください。


アプリのリストからPhontoを選択してください。


インストール」を選ぶとインストールがはじまります。
以上でフォントのインストール作業は終了です。

Phontoを起動してMyフォントに Hannari (はんなり明朝) というフォントが表示されているのを確認してください。



Fontasy というアプリを使うとGoogle Fontsに登録されているフォントを簡単にインストールすることができます。
無料ですのでぜひ一度お試し下さい。

2013年1月12日土曜日

Instant110 2.1.0: シャッフル撮影時に使うレンズ/フィルム/現像液を選択できるようになりました

Instant110 2.1.0をリリースしました。
タイトル通りシャッフル撮影時に使うレンズ/フィルム/現像液を選択できるようになっています。





さらに、新しい現像液 (Y-11 Expired)も追加しています。
全体的にグリーン味というか退色風というかレトロっぽい感じになります。





Instant110をApp Storeからダウンロード